RANCH DAYS

ranchdesig.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Design( 3 )


2011年 02月 06日

いいね!!

e0099698_1950249.jpg

こんなやって使います!!可愛い!!
e0099698_19495925.jpg

Savignc レイモン・サヴィニャックの本。
久しぶりに美術館へ行ったたら欲しくなって・・・
e0099698_19495485.jpg

こちらは・・・いろいろあります・・・
[PR]

by ranchdesign | 2011-02-06 19:51 | Design
2010年 12月 24日

マン・レイ

最近、よく目につく・・・

マン・レイの写真。

大学のときに存在を知った。

奇抜さとエロスの極みのような写真が多い。

絵も描いていたはず・・・大きな唇が空飛んでるような・・・

ダリっぽい作品もあった・・・

気になる芸術家の一人。

e0099698_2121861.jpg

[PR]

by ranchdesign | 2010-12-24 02:12 | Design
2010年 12月 05日

福岡国際マラソン&シャガール

今日は、けやき通りは通行止め!!

福岡国際マラソンだ。

もう朝から大勢のスタッフの方々が沿道に配置して

警察も大勢待機・・・

ちょっと動くには不便だから、空いた時間で近くの福岡市美術館へ・・・

e0099698_14125544.jpg


シャガール展が開催中なので散歩がてらに見て来た。

情熱溢れるシャガールの作品は意外にもそそられる・・・

時代背景のせいでもあるが、彼の生涯を物語る作品が多い。

リアリティを追求していたんだろうか?

自分の環境や時代背景に沿って描かれた作品は引き込まれてしまうほど。

感激した。性格や心情など表現がリアルに出過ぎて、アバンギャルド的扱いを

されるようになったに違いない。

非常に安心してみれる作品ばかりだった。

【ウィキペディアより】

e0099698_1413408.jpg

シャガール


帝政ロシア領ヴィテブスク(現ベラルーシ・ヴィツェプスク、VycebskまたはWitebsk、Vitebsk)にモイシェ・セガル(Moishe Segal、משה סג"ל)として生まれた。ロシア名マルク・ザハロヴィチ・シャガル Марк Захарович Шага́л、ベラルーシ名モイシャ・ザハラヴィチ・シャガラウ Мойша Захаравіч Шагалаў。故郷ヴィテブスクは人口の大部分をユダヤ人が占めているシュテットルで、シャガール自身もユダヤ系(東欧系ユダヤ人)である。生涯、妻ベラを一途に敬愛していたこと、ベラへの愛や結婚をテーマとした作品を多く製作していることから別名「愛の画家」と呼ばれる。
1907年、当時の首都サンクトペテルブルクの美術学校に入るが、同校のアカデミックな教育に満足しなかったシャガールはやがてレオン・バクストの美術学校で学ぶことになる。バクストは当時のロシア・バレエ団の衣装デザインなどを担当していた人物である。
シャガールは1910年パリに赴き、5年間の滞在の後、故郷へ戻る。この最初のパリ時代の作品にはキュビスムの影響が見られる。1915年に結婚。10月革命(1917年)後のロシアでしばらく生活するが、1922年、故郷に見切りをつけ、ベルリンを経由して1923年にはふたたびパリへ戻る。 ロシア時代のシャガールはロシアアバンギャルドに参加して構成主義の影響の濃い作品、デザイン的作品を制作したが、出国後の作品は「愛の」方への傾斜が認められる。 1941年、第二次世界大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカへ亡命した。なお、同郷人で最初の妻ベラ・ローゼンフェルトは1944年にアメリカで病死した。
1947年にパリへ戻ったシャガールは、1950年から南フランスに永住することを決意し、フランス国籍を取得している。1952年、当時60歳台のシャガールはユダヤ人女性ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚した。1960年、エラスムス賞受賞。同年、当時のフランス共和国文科大臣でシャガールとも親交のあったアンドレ・マルローはオペラ座の天井画をシャガールに依頼。これは1964年に完成している。1966年、シャガールは17点から連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈した。マルローはこの連作を含むシャガールの作品を展示するための国立美術館の建設を推進し、ニース市が土地を提供する形で1973年、画家の86歳の誕生日にニース市のシャガール美術館が開館した。墓はニースに近いサン・ポール(Saint Paul)のユダヤ人墓地にある。
毒舌家としても知られ、同時代の画家や芸術運動にはシニカルな態度を示していた。特にピカソに対しては極めて辛辣な評価を下している。しかし、だからといってピカソと仲が悪かったわけではなく、むしろ、ピカソにしては珍しく、けんかをしないほど仲がよかったともいわれる。
[PR]

by ranchdesign | 2010-12-05 14:14 | Design